炎天下の中での夕涼み会

7月の平日の夕方6時から、に予定されていた幼稚園の夕涼み会が雨で翌日に延期になりました。
予備日だった日も雨が降ってしまい、中止の発表がありました。

年長さんの保護者から、幼稚園最後の年だから夕涼み会をやってほしい、と声が上がったのを幼稚園側が聞き入れて、夏休みの日中にやることになりました。
最高気温35度、と天気予報で発表された中、日陰の少ない幼稚園の園庭で夕涼み会のゲーム大会と盆踊りをやってきました。
子供たちは涼し気な浴衣や甚平を着てはいますが、炎天下の中顔を真っ赤にしながら遊んでいました。

親は帽子に日傘にうちわを片手に、暑いよね、なんでこんな日中に、と文句を言いながら子供たちを見守っていました。